高岡仏具卸業協同組合高岡仏具卸業協同組合

高岡仏具卸業協同組合

材質塗装表記について


材質


銅合金 銅を主体としてさまざまな元素を加えた合金のことです。銅は耐食性にすぐれ、電気や熱を通しやすい為加工がしやすく、添加元素の種類や量により様々な特性を有する銅合金になります。身近なところでは5円玉(真鍮)や10円玉(ブロンズ)、金管楽器(真鍮)といった様々な分野の製品に採用されています。また金の代用品として宝飾品や仏具に用いられてきた歴史があります。代表的な銅合金は以下の通りです。
  • 黄銅(真鍮=しんちゅう):銅と亜鉛が主体の合金
  • 青銅(ブロンズ)、響銅(さはり):銅と錫が主体の合金
  • 伸銅製品:真鍮板、真鍮パイプ等
有史以前から知られた金属で、銑鉄・鋼あるいは種々の金属との合金として広く用いられ、工業的にも最も重要な素材です。銅と同様加工性に優れ、また素材の価格が安いことから銅以上に我々の生活の色々な場面で使用されています。銅に比べると酸化(錆び)による破損が進行しやすいのが難点です。
ステンレス 鉄を主成分として、クロムやニッケルを含有させた合金です。「ステイン(Stain、汚れ)レス(less、ない)」という名前の通り、鉄に比べ錆びにくさ(耐食性)が向上しており、食器など様々な用途に使用されています。耐食性を追求した結果硬度が増しており、成形・研磨・切削といった加工性の面では他の金属より労力を要します。
亜鉛合金 亜鉛を主体とした合金の総称で、最も一般的なものはアルミニウムとの混合金属です。薄肉で細密な形状を表現することが可能で、ダイキャスト製法による大量製造に適しています。また、メッキや塗装との相性も良いことから、精密機器や携帯機器の部品・筐体、玩具などに幅広く使われています。アルミ成分の特性から他の金属に比べ融点が低く、ハンダ付けや蝋付け、熔接といった高熱を用いた加工には適しません。

表面処理


漆は熱・水・湿気・酸・アルカリに強く、腐敗防止・防虫の効果も持つため、古の時代より食器や家具等色々な器物の表面加工に使用されてきました。顔料を混ぜた漆を金属器表面に刷り込んで乾燥させることを繰り返し、漆の塗膜を形成していきますと、出来上がった塗膜は硬さと柔軟性を併せ持ち、現代の一般的な化学塗料と比べても、堅牢さにおいて優れた特性を発揮します。こういった優れた特性を持つ漆ですが、紫外線には弱く、直射日光を浴びると退色(色あせ)などの劣化を引き起こします。
ウレタン系塗料 ウレタン樹脂に顔料を混ぜた塗料のことです。ウレタン樹脂は柔軟性に富み、金属への密着性が高い素材です。ウレタン樹脂は乾燥で非常に硬い被膜を形成し、色あせに強く素材の劣化を防ぎます。
アクリル系塗料 アクリル樹脂に顔料を混ぜた塗料のことで、ウレタン系塗料同様乾燥によって硬い被膜を形成します。アクリル樹脂の特性として特筆すべきは高い耐水性です。一方耐久性においてはウレタンに一日の長があるとされます。
ラッカー塗料 顔料を揮発性の溶剤で溶いて塗布する塗料です。溶剤の揮発により顔料が金属表面に固着するので、他の塗料に比べて乾燥が早く、漆での着色が困難な真鍮板材などにも着色が可能です。一方で、被膜の強さは他の塗料よりも劣ります。
メッキ 材料の表面を薄い金属の皮膜で覆う金属表面処理法です。直流電流を用いた電解メッキと言われる手法で、メッキしたい物質(金・銀・銅・クロム等)を含む溶液から陽イオンを還元させ、電導性のある金属器の表面にその物質(金・銀・銅・クロム等)の被膜層を形成させます。装飾の他に素材の防腐食、表面硬化といった目的で使用されています。

一覧へ戻る