高岡仏具卸業協同組合高岡仏具卸業協同組合

高岡仏具卸業協同組合

技術情報

焼型鋳造法 焼型鋳造法
粘土と水と和紙の繊維で調合した真土(まね)で鋳型を作り、鋳型全体を900度前後の高温で6時間から16時間型を焼き、400度程度まで冷ました後、溶けた合金を流し込みます。複雑な形状の仏像、銅像、香炉などの作品に用いられています。
双型鋳造法 双型鋳造法
お寺の梵鐘などが代表例。円柱に代表されるように、左右対称の断面形を写し取った板を回転させ外形を作ります。これに肉厚を出すために作った中小型と組み合わせて鋳造します。花瓶、茶釜、梵鐘などに用いられています。
蝋型鋳造法(ロストワックス鋳造法) 型鋳造法(ロストワックス鋳造法)
に松油を煮あわせたもので造形し、土、和紙を調合した土で包み、高温で焼く。熱でが溶けてできた隙間に合金を流し込んで作ります。最近では原形をシリコンゴムで作るロストワックス鋳造法が主流となりつつあります。
生型鋳造法 生型鋳造法
木製または金属製の上下枠を使用。中に原型を納め、砂を入れて押し固め、枠をはずし、原型を取り出し砂型を作ります。砂を焼かずに使用するので生型と呼ばれ、単純な形のものを量産するのに最適な方法です。
金型鋳造法(ダイキャスト) 金型鋳造法(ダイキャスト)
金属の鋳型を使用し、溶けた合金に圧力を加えて流し込みます。鋳肌が細かく、精密な形の製品を量産することができます。
ガス型鋳造法 ガス型鋳造法
焼型鋳造法の原理を現代技術に応用したものです。珪酸ソーダ(水ガラス)を混合した砂の型に炭酸ガスを通し、化学的に鋳型を硬化させます。
鍛造(熱間型鍛造) 鍛造(熱間型鍛造)
鍛造機(ハンマー・プレス等)に型彫りされた上下1組の金型を取り付け、この型内に加熱し変形しやすくした材料を入れ圧縮成形する方法。プレス加工より肉厚の製品に適しています。
プレス加工 プレス加工
プレス機械と金型を使って金属材料(板材)などに圧力をかけて、打ち抜き、曲げ、絞り等の成形を行う加工方法です。肉薄の製品に適しています。
鍛金技法 鍛金技法
金属を板状、線上、立体状にたたきのばして器物を作る方法です。立方体にのばすことを金鎚、金床、当て金等を使ってなんども、何度も黄銅板を鍛えてのばし、形造ります。
作品には子(大徳寺)、銅(どら)、香炉、鉢、花瓶などがあります。



仏具の着色・仕上

鍋長色 鍋長色
下色に刈安(稲科の一種)の煮色を使うのが特長。緑がかった黄色地ですが黒のボカシを併用すると効果的です。仏具、茶器、花器などに使用されています。
煮色 煮色
地金の組成が発色に大きく関わります。銅分の多い地金を熟練した加工技術を要します。透明感ある肌が特長で香炉、茶道具、花器などに用いられています。
宣徳色 宣徳色
明の宣宗が製作した銅器を宣徳銅器と呼び、近代に伝承された宣徳銅器の色を模したものを宣徳色といいます。
青銅色 青銅色
銅の錆(緑青)を人工的に発生させ、青や緑の顔料や染料を薄く被膜して色調を再現します。屋外の銅像や燈篭に適しています。
茶真鍮色 茶真鍮色
絡み合う金属結晶粒を化学的に抽出させることで、美しい結晶模様を浮き出させる技術です。最近の研究で結晶の大きさを調整する技術が確立されました。
鉄漿(おはぐろ) 鉄漿(おはぐろ)
5倍くらいに薄めたおはぐろをワラを束ねた小箒の先につけ、作品の上を掃くようにして付けていきます。これを反復することで優雅な色が出てきます。



様々な技法

■彫金
金属の表面にタガネで模様を彫り込む技法です。
■象嵌
金属の表面に別の金属をはめ込む技法で、彫金とともに高度な熟練を要します。
■サンドブラスト
金属の表面に圧縮空気で砂や金属球をあて、梨地に代表されるツヤ消しに仕上げる技法です。
■硬盤打ち
金属の表面に陶磁器片や鋼球を上から落として荒らす方法です。パラパラ落下させるということでパラ打ちと呼ばれています。
■金槌荒らし
金槌で金属の表面を叩いてタッチを付ける方法。鍛金、鍛金もこの技法を応用したものです。
■バフ研磨
回転しているバフにカンマ材を付けて金属表面を研磨する方法。多種多様なバフにより荒い表面や鏡面仕上げまで可能です。
■腐食
酸(塩化第二鉄等)で表面を腐食させ模様をつける技法で、現代版画にもよく使われています。
■科学研磨
硝酸などの液に金属を浸透させることで、金属表面のミクロ的な凹凸を腐食作用により平滑にする技法です。



仏具の製造工程 焼型鋳造


仏具の製造工程 焼型鋳造